Just another WordPress site

高山病について
未分類 | 01月08日更新

富士登山の基礎知識~高山病とは

高山病は標高が高くなるにつれて気圧が下がり、酸欠状態になることで、血中酸素濃度が低下することで、変調をきたす症状です。
山病は、山酔い、高知脳浮腫、高地肺水腫の大きく3種類の症候群に分けられて、山酔いは、頭痛や吐き気めまいや食欲不振、手足のむくみや脈拍が速くなるなどの症状が現れます。次に高地脳浮腫は、山酔いの症状に加え、倦怠感が強くなり、縦列走行テストで運動失調がみられます。縦列歩行テストを行って"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

富士登山での高山病の予防法

高山病の原因は、酸素不足です。症状は、吐き気やめまい、頭痛などで、誰でも発症してしまう可能性があります。
高山病の対策として、身体を高度にならすために、登山口でストレッチして体をほぐしたり、周辺を散策して慣らします。
あと、登山中には大量の水分を消費するので、喉が渇いたと思ったらすぐに水分補給をする必要があります。水分を補給することで、新陳代謝を良くするということも、高山病の予防になります。
また"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

富士登山での高山病の対処法

富士山は日本で一番高い山であると共に日本有数の観光名所です。そのため、富士山には毎年多くの観光客が訪れて富士登山に挑んでいます。しかし、高山病により登山を途中で断念しなければならない人も少なくありません。富士山は私たちが普段生活している場所に比べ酸素の量が少ないです。この少ない酸素が原因のひとつと考えられています。そのためゆっくり登山し少ない酸素に体を慣らしていかなければ、高山病になってしまいます

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

登山で炭水化物補給に最適な食品とは

 登山において、適切なエネルギーの補給が必要であるのは言うまでもありません。ヒトは炭水化物を食事として摂取した場合、ブドウ糖に分解して利用します。このブドウ糖は体を動かすためにも必要ですが、脳のエネルギー源として非常に重要です。脳はブドウ糖のみをエネルギー源としますが、長時間にわたって運動を行う場合は、体を動かすためにブドウ糖を使い切ってしまう場合があるのです。「頭が働かなくてぼーっとする」あるい

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

登山とエネルギーと炭水化物

登山とは相手と先を競い合うスポーツではなく、自分で体調管理などを行い自分で決めた目的を達成するスポーツと言えます。
この体調管理の中で大きなウェイトを占める物として、持久力の維持というものが存在します。
登山は長い時には数日間に渡り運動を続けるため、安定したエネルギー補給が求められます。
このエネルギーの元となる栄養として炭水化物が存在します、これは糖類や穀類といった食物に多く含まれています。
重"

" (続きを読む...)